ご相談事例
     
相続・贈与
        
ケース1 贈与税の配偶者控除という制度について、よく知らない方が多いのですが、詳しく教えてください。
ケース2 相続時精算制度を利用した「贈与」の詳しい内容を教えてください。この贈与はどんな財産でも適用になると聞いてますが。
ケース3 住宅取得資金の贈与は、父母だけでなく、祖父母からの資金贈与も対象になると聞いておりますが、制度の詳細を教えてください。
ケース4 万が一、父が亡くなった時、財産分割にあたり、税金を安くするため配偶者控除を考え、母親に相当部分の財産を相続させたのですが、 母が亡くなった時の税金計算を考えると、必ずしも適切な相続配分であったのか、疑問があります。
ケース5 遺言書の作成を友人に勧められておりますが、作成には、数種の手法があると聞いております。詳しく教えてください。
また、内容の変更を考えた時の手法も教えてください。
ケース6 父と母、そして祖父母から、一人息子が現預金の贈与を受けました。
暦年贈与制度と相続時精算制度の手法のいずれかを適用すると。どのような差異が生じますか。
ケース7 新しく「空き家」に関わる、譲渡した時の税制上の配慮がなされたと聞いております。「譲渡対価が1億円以下」が適用条件らしいのですが、空き家を取り壊して売却する時の費用は判定上どのように扱われますか。
ケース8 「教育資金贈与」「結婚+出産+育児資金贈与」「住宅資金贈与」のすべてについて教えてください。

法人税
   
ケース1 税務調査は、どのような手法で行われ、どのような点に注意をするべきでしょうか。 また、何年おきに調査は実施されますか。
ケース2 非上場会社ですが、創業者である父が出資金の大部分を所有しています。
そろそろ、相続のことを考えていますが、税制上の特典があると聞いています。「贈与」「相続」の両面から、説明をしていただきたいです。
ケース3 売掛金のある得意先が倒産致しました。この時の損失を補填する「保険」があると聞いていますが、詳細を教えてください。
ケース4 ビルの一室を借りて会社をスタートする時「間仕切り等」の小工事を施しました。税制上どのような取扱いになりますか。
ケース5 旅費規程、特に海外旅費規程を作成するべきとのアドバイスを受けていますが、どのような配慮をするべきですか。
ケース6 交際費、福利厚生費、会議費、広告宣伝費等の適正な区分がよくわかりません。
一人あたり5,000円以下の時の交際費に関してもよく理解できていません。
ケース7 会社を経営しておりますが、役員、従業員を被保険者とする保険を考えています。 税制上特典のある種類の保険があると聞いておりますが、適正な選択をする上での注意点を教えてください。

HOME  業務案内  事業所案内  お客様の声  税法新着  相続税の相談